中国進出支援/テラヘルツ製品製造

西優株式会社は、中国の福建省に拠点を持つ企業グループ(祥興集団)の一つです。

祥興集団は1985年に設立された財閥ファミリーグループで、本社は中国の華僑の故郷として有名な福清市にあります。

 30年以上の発展を経て、企業規模と投資規模が拡大し、世界最大のバッグ製造業、幼稚園から大学までの数十校の教育文化産業、16箇所の平均500室以上の5つ星ホテル、都市建設業、2100床の総合病院などの医療健康産業、金属産業、麻織物、国際貿易などを統合した専門的、国際的、多角的、総合的な企業へと発展してきました。

グループの登録従業員数は38,000人以上(海外従業員を含む)、資産は500億元(約1兆円)以上となっています。

 祥興集団内の康禾(福建)健康産業有限公司(カンフーと呼びます)が、日本での事業窓口として、大阪市内に西優株式会社を設立し、日本と中国を結んで、さまざまなビジネスを展開しています。

康禾(福建)健康産業有限公司(カンフー)

弊社の社長が総経理(代表取締役)を務めている中国側の企業である、康禾(福建)健康産業有限公司は、2019年に設立された、美容と健康ビジネスを中心に展開する会社で、中国でも有数の専門的な健康管理と栄養健康コンサルティングサービスを提供する企業です。

本社は福建省福清市のオフィスビル(創元ミレニアムホテル)の9階にあり、総面積は2,800平方メートルで、約1万人の顧客を持ち、美容と健康に関連するビジネスを中心に行っています。

現在、「ゴーゴーチャイナ」と名付けた、リスクとコストを最小限にした中国市場進出のためのトータルサポートサービスを展開しています。  康禾(福建)健康産業有限公司は、自社内で製造しているテラヘルツ製品の日本国内での販売及びメイドインジャパンの優れた商品の発掘、折衝、輸出手続きなどの実務を行うため、日本(大阪市)に、西優株式会社を設立しました。

 2021年夏ごろには、「カンフージャパン株式会社」を設立し、さらなる飛躍をめざしています。

 

  •